2016年3月20日日曜日

英語で読む原民喜

インターネット上で読むことのできるもの


「原爆被災時のノート」
"Tamiki Hara's Notes of the Atomic Bombing"
http://home.hiroshima-u.ac.jp/bngkkn/database/Englishdata/TamikiNotes.html

「水ヲ下サイ」「コレガ人間ナノデス」「碑銘」
"Give Me Water", "This is a human being?", "Hara’s Last Poem"
http://voiceseducation.org/content/tamiki-hara-japanese

「心願の国」
"Land of My Heart's Desire"
http://scholarworks.umass.edu/asianlan_occasional_papers/10/

「風景」「外食食堂のうた」「家なき子のクリスマス」「永遠のみどり」「悲歌」
(from Commentary of "Land of My Heart's Desire")
http://scholarworks.umass.edu/asianlan_occasional_papers/10/

「悲歌」(抄)
"Elegy"
https://books.google.co.jp/books?id=2RYSpGT-3BcC&pg=PA511


出版されているもの


「夏の花」「心願の国」(「悲歌」を末尾に含む)
"Summer Flower", "The Land of Heart s Desire"
Ōe, Kenzaburō eds. The Crazy Iris and Other Stories of the Atomic Aftermath. New York: Grove Press, 1985.

「夏の花」「廃墟から」「壊滅の序曲」「家なき子のクリスマス*」(*"Translator's Introduction"中)
"Summer Flowers", "From the Ruins", "Prelude to Annihilation"
Richard H. Minear eds. and trans. Hiroshima: Three Witnesses. New Jersey: Princeton University Press, 1990.

「火ノナカデ 電柱ハ」「ギラギラノ破片ヤ」
"In the fire, a telegraph pole", "Glittering fragments"
Geoffrey Bownas and Anthony Thwaite trans. and eds. The Penguin Book of Japanese Verse. Rev. ed. London: Penguin Classics, 2009.

「水ヲ下サイ」「永遠のみどり」
"Water!", "Everlasting Green"
『第二楽章: ヒロシマの風 長崎から』、吉永小百合・男鹿和雄、徳間書店、2015



以下も参照のこと。上には自分で確認したものしか挙げていない。
ウルシュラ・スティチェク「原爆文学の英訳」
http://home.hiroshima-u.ac.jp/bngkkn/hlm-society/UlaBibliography.html